HOME » News Release 2009年
News Release 2009年

2009年11月18日 | 平成21年度第2四半期(上半期)業績のお知らせ

 富士生命保険株式会社(代表取締役会長兼CEO 三木栄一)の平成21年度第2四半期(上半期)の業績をお知らせします。
     
詳細につきましては、添付ファイルをご覧ください。

⇒ 添付ファイル

2009年11月13日 | “クリーンおおさか2009”へ参加し、淀川清掃活動を実施

 富士生命保険株式会社(代表取締役会長兼CEO 三木栄一)は、CSR活動の一環として、“クリーンおおさか2009”へ参加し、淀川清掃活動を実施しました。
     
詳細につきましては、添付ファイルをご覧ください。

⇒ 添付ファイル

2009年10月1日 | 「役員の異動」ならびに「幹部社員人事」について

 富士生命保険株式会社(代表取締役会長兼CEO 三木栄一)は、「役員の異動」ならびに「幹部社員人事」に関し、2009年9月30日開催の臨時株主総会および取締役会で、下記のとおり決定いたしましたので、お知らせします。
     
詳細につきましては、添付ファイルをご覧ください。

⇒ 添付ファイル

2009年8月14日 | 2009年8月14日付役員の異動について

 富士生命保険株式会社(代表取締役社長 三木栄一)では、2009年8月14日開催の臨時株主総会および取締役会において、2009年8月14日付の役員人事に関し、下記のとおり決定いたしましたので、お知らせします。
     
詳細につきましては、添付ファイルをご覧ください。

⇒ 添付ファイル

2009年8月14日 | 「平成20年度決算のお知らせ」の一部修正について

 富士生命保険株式会社(代表取締役社長 三木栄一)では、2009年5月20日に発表しました標記資料につきまして、下記のとおり誤りがございましたので、修正いたします。
関係各位にご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。
     
詳細につきましては、添付ファイルをご覧ください。

⇒ 添付ファイル

2009年8月14日 | 平成21年度第1四半期業績のお知らせ

 富士生命保険株式会社(代表取締役社長 三木栄一)の平成21年度第1四半期(平成21年4月 1日~平成21年6月30日)の業績をお知らせします。
     
詳細につきましては、添付ファイルをご覧ください。

⇒ 添付ファイル

2009年7月21日 | 2009年7月21日付「役員の異動」ならびに「幹部社員人事」について

 富士生命保険株式会社(代表取締役社長 三木 栄一)における、2009年7月21日付の「役員の異動」について下記のとおりお知らせします。また、2009年7月9日開催の取締役会において、「幹部社員人事」に関し、下記のとおり決定いたしましたので、お知らせします。

     
詳細につきましては、添付ファイルをご覧ください。

⇒ 添付ファイル

2009年6月30日 | 「無解約返戻金型収入保障保険」等の保険料改定について

 富士生命保険株式会社(代表取締役社長:三木 栄一)は、2009年7月2日(木)に「無解約返戻金型収入保障保険」等(以下【該当商品】参照)の保険料改定を行うとともに、設計機能を拡充し、発売いたします。

     【該当商品】
      無解約返戻金型 収入保障保険(無配当)
      無解約返戻金型 優良体収入保障保険(無配当)
     ※上記2商品を「収入保障保険」と呼称します。
      保険料払込免除特約付 無解約返戻金型 収入保障保険(無配当)
      保険料払込免除特約付 無解約返戻金型 優良体収入保障保険(無配当)
      ※上記2商品を「レスキューパック収入保障保険」と呼称します。

   当社は、2008年1月に収入保障保険を発売し、お客様ニーズを捉えた保険料払込免除特約(レスキューパック)の開発や、契約年齢範囲の拡大を行うなど、お客様の声を商品開発に反映させてきました。引き続き、お客様サービスの更なる向上を図ってまいります。

収入保障保険の保険料改定、設計機能拡充の概要は、次のとおりです。

1. 保険料改定の概要
    ・ 高額割引制度を見直すことで、従来の当社商品と比べ、特に20歳代~30歳代の若年層において保険料の低廉化を実現しました。
    ・ その中でも、お客様の健康状態が非喫煙者優良体に該当する場合、更にリーズナブルな保険料を提供しています。
2. 設計機能拡充の概要
   ・ 保険期間や保険料払込期間の契約範囲を、従来の60歳から50歳まで引き下げ、1歳刻みで設計できるようにしました。(支払保証プラン:全期払の場合)
   ・ また、保険料払込期間が保険期間より短くした設計においても、ある一定の条件のもと、1歳刻みで設計できるようにしました。(支払保証プラン:短期払の場合)
   ・ これらの設計機能の拡充により、お客様一人ひとりのライフプランに合わせた設計や、配偶者の公的年金受取開始時期に合わせた設計など、柔軟な対応が可能となりました。

詳細につきましては、添付ファイルをご覧ください。

⇒ 添付ファイル

2009年6月30日 | 平成20年度末エンベディッド・バリューの開示

富士生命保険株式会社(代表取締役社長 三木 栄一)は、富士生命の現状をよりご理解いただくために、平成20年度末のエンベディッド・バリューを以下のとおり開示いたします。

詳細につきましては、添付ファイルをご覧ください。

⇒ 添付ファイル

2009年5月20日 | 平成20年度決算のお知らせ

平成20年度決算の概要をお知らせします。

詳細につきましては、添付ファイルをご覧ください。

⇒ 添付ファイル

    * 6ページについて一部修正しました。(8月14日)

2009年5月14日 | 富士生命委託生保代理店における損害保険商品の拡販を推進
                                   - 損害保険業の業務代理・事務代行の認可取得に伴い
                                                                                     取り組みを強化します -

富士生命保険株式会社(以下、富士生命、代表取締役社長:三木栄一)は親会社である富士火災海上保険株式会社(以下、富士火災、代表執行役社長CEO:ビジャン コスロシャヒ)が行う損害保険業の業務代理、事務代行の認可を4月17日に取得したことに伴い、富士生命委託生保代理店(以下、富士生命代理店)における損害保険の募集を推進する取り組みを富士火災と共同で5月より開始いたします。

詳細につきましては、添付ファイルをご覧ください。

⇒ 添付ファイル

2009年3月6日 | 2009年4月1日付 「組織改革」「取締役の委解嘱」ならびに 「幹部社員人事」について

富士生命保険株式会社(代表取締役社長 三木栄一)の2009年4月1日付「組織改革」等に関し、下記のとおりお知らせします。
詳細につきましては、添付ファイルをご覧ください。

⇒ 添付ファイル

2009年2月27日 │ 3月の保険料振替日は27日(金)です

 

○ 保険料の口座振替日について

保険料の口座振替日は毎月27日となっております。
振替日が金融機関の休業日にあたる場合は、翌営業日が振替日となります。
振替日の前営業日までに、振替口座に保険料をご用意ください。

【保険料の口座振替日 2009年4月~9月】

<2009年>
4月:27日(月)
5月:27日(水)
6月:29日(月)
7月:27日(月)
8月:27日(木)
9月:28日(月)

以上

2009年2月13日 | 平成20年度第3四半期業績のお知らせ

富士生命保険株式会社(代表取締役社長 三木栄一)の平成20年度第3四半期の業績をお知らせします。

詳細につきましては、添付ファイルをご覧ください。

⇒ 添付ファイル

2009年1月23日 | 「無解約返戻金型医療保険」の発売について

  富士生命保険株式会社(代表取締役社長:三木 栄一)は、「無解約返戻金型医療保険」を2009年2月2日(月)より発売いたします。

「無解約返戻金型医療保険」は、解約返戻金をなくすことにより、割安な保険料で、一生涯の医療保障を準備できる商品です。
今回の商品開発の基本コンセプトは「判りやすさ、幅広さ、医療技術の進歩への対応」の3点です。従来の医療保険・入院特約の手術給付金は約款に定めた88種類を対象としていましたが、今回、公的医療保険が適用される手術であれば、入院中の手術は日額×20倍、入院外の手術は日額×5倍とし、支払対象外の手術も5つだけにすることで、お客様、代理店、社員が同じ認識が持てる保障内容にしました。これにより、新しい手術が公的医療保険の支払対象に追加されても、入院中は20倍、入院外は5倍という基準は変わりませんので、医療技術の進歩に対応した一生涯の医療保障をご提供できるようになりました。この他「先進医療特約」「保険料払込免除特約」「生活習慣病特約」「富士生命健康サービス」の付帯等で、一生お付き合い頂ける充実の医療保障を実現しました。

当社では、引き続き、お客様サービスの更なる向上を図ってまいります。

<< 「無解約返戻金型医療保険」の特長>> (2009年2月2日発売)
(1)解約返戻金を無くすことで割安な保険料で、一生涯の医療保障をご準備頂けます。
(2)入院給付金は、日帰り入院からお支払できるようにしました。
(3)手術給付金の支払対象手術を公的医療保険にリンクさせることで大幅に拡大しました。
(4)先進医療特約:厚生労働大臣が承認する「先進医療」について、入院の有無に関わらず、所定の給付金をお支払します。
(5)保険料払込免除特約:所定の状態の時に以後の保険料無料で医療保障をご提供します。
(6)生活習慣病特約:7大生活習慣病は、入院限度日数を180日まで延長します。
(7)生後15日から70歳まで、告知だけでお申込いただけます。
(8)富士生命健康サービス
・健康や医療について年中無休・24時間・フリーダイヤルでご相談にお応えします。
・治療方法、病院、名医のご紹介等についてフリーダイヤルでご相談にお応えします。
(9)小児がんに関する支援活動「ゴールドリボン推進活動」に取り組みます。

詳細につきましては、添付ファイルをご覧ください。



⇒ 添付ファイル