HOME » 保険をご検討中の方 » 保険商品一覧 » ゴールドメディ・ワイド(特徴)
ゴールドメディ・ワイド

 

満40~80歳の方なら、持病(既往症)をお持ちの方でも、以下3項目すべて「いいえ」ならお申込みいただけます。

・最近3ヶ月以内に、医師により入院・手術をすすめられたことがありますか。
・過去2年以内に、病気やケガで入院したこと、または手術をうけたことがありますか。
・過去5年以内に、がん・肝硬変・慢性肝炎と医師に診断されたことがありますか。
  • 入院について:治療のための入院、検査入院(人間ドック・健康診断を除く)、糖尿病等による教育入院のいずれの場合も告知の対象となります。ただし、正常分娩のための入院は告知の対象から除きます。
  • 手術について:帝王切開、内視鏡手術、レーザー手術、体外衝撃波による結石破砕術も告知の対象となります。
  • がんについて:白血病、肉腫、悪性リンパ腫などの悪性しゅよう、上皮内がんも告知の対象となります。
  • (注)上記3項目のいずれにも当てはまらない場合でも、ご職業、当社への加入状況や過去の給付歴などによってはお引受けできない場合があります。

持病(既往症)が再発・悪化した場合でも給付金をお支払いします。

この保険は、告知項目を限定するとともに、責任開始期前に発症した病気についても、責任開始期以後に再発・悪化した場合など一定の条件でお支払いの対象としております。(ただし、責任開始期前に医師にすすめられていた入院・手術は保障いたしません。)このため、保険料は、引受基準緩和型でない医療保険に比べ割増されています。

手術給付金

病院で保険証を使って手術料を支払う約1,000種類の手術(∗)について「手術給付金」をお支払いします。
(∗)公的医療保険制度における医科診療報酬点数表に手術料の算定対象として列挙されている診療行為が対象ですが、そのうち、次の(a)~(e)の手術は支払対象外です。
(a)創傷処理 (b)皮膚切開術 (c)デブリードマン (d)骨または関節の非観血的整復術、非観血的整復固定術および非観血的授動術 (e)抜歯手術
(注)歯科治療に伴う歯肉切除手術などは、医科診療報酬点数表に手術料の算定対象として列挙されていません。
入院中の手術は入院給付金日額の20倍、入院外の手術は入院給付金日額の5倍をお支払いします。

入院給付金

・日帰り入院から保障します。
・1回の入院の支払限度日数について2種類の型があります(30日型・60日型の中から選べます)。
・一生涯にわたって疾病入院給付金、災害入院給付金ともに通算1,095日分の入院給付金を保障します。

引受基準緩和型先進医療特約(10)

・入院の有無に関係なく、厚生労働大臣が定める「先進医療」の技術料に応じて、所定の金額をお支払いします。
・1療養につき最高300万円までお支払いします。
・通算して最高1,000万円まで「先進医療」に対応できます。

引受基準緩和型無事故給付金特約(10)

・ご契約から5年ごとに、主契約の入院給付金及び手術給付金のお支払いがなかった場合に、無事故給付金をお支払いします。
・無事故給付金は入院給付金日額の20倍をお支払いします。

AIG富士生命健康サービスがご利用いただけます

※AIG富士生命健康サービスはAIG富士生命保険株式会社から業務の委託を受けたティーペック株式会社が提供します。


ご契約上の注意


※ここに掲載している商品は、予告なく販売を停止させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※このホームページは商品の概要を説明しています。
詳細につきましては「パンフレット」、「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」、「ご契約のしおり・約款」をご確認ください。

AFL573/1606A