がんに備える

2人に1人は生涯のうちにがんに罹患している∗時代です。また、近年では様々な治療法が研究開発され、それに伴い、がん治療の傾向も変化してきています。
∗ 出典:国立がん研究センターがん情報サービス『がん登録・統計』
がん治療の傾向

1.治療事情の変化

がん(悪性新生物)の治療事情

■入院日数の短期化
がん治療を受ける患者数は増加する一方で、治療のために入院する患者数(入院受療率)は徐々に減少する傾向にあります。
入院した場合も、入院日数は短期化していることから、入院期間によらずまとまった給付が受けられる保障があると安心です。
■通院による治療の増加
がん治療にかかる入院患者数が減少する一方、通院による治療を受ける患者が増加しています。入院費用以外に通院期間にかかる治療費に対しても十分な備えが必要ではないでしょうか。

2.新たな治療法等の研究開発

がん治療は目覚しく進歩しており、新たな治療法や治療薬が開発されています。 しかし、未承認薬にかかる費用や先進医療の技術料については、公的医療保険が適用されず全額自己負担となります。その結果、治療にかかる費用は高額になりがちです。希望する治療を受けるためにも、十分な備えが必要ではないでしょうか。


おすすめ商品
がんベスト・ゴールドα
がんと闘うため 、そして家族を守っていくためのがん保険。
特定疾病保障定期保険
3大疾病(悪性新生物・急性心筋梗塞・脳卒中)に対する保障を準備できます。

※当ホームページに記載されている社会保障制度に関する内容については、2016年7月1日現在施行中の制度によります。今後の制度改定によって変更となる場合がありますのでご注意ください。

※ここに掲載している商品は、予告なく販売を停止させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

AFL567/1606A