HOME » AIG富士生命について » 会社業績 » EV(エンベディッド・バリュー)
EV(エンベディッド・バリュー)
エンベディッド・バリューの概要
エンベディッド・バリュー(Embedded Value、以下「EV」といいます。)とは、生命保険会社の企業価値・業績を評価する指標の一つで、貸借対照表などから計算される「純資産価値」と保有 契約から生じる将来利益の現在価値である「保有契約価値」を合計したものです。
一般に生命保険契約は、契約を獲得してから会計上の利益が計上されるまでには時間を要しますが、EVでは保有契約から生じる将来の利益を現時点で評価する ことができることから、現行の財務会計を補完する指標の一つとして有用なものです。